お茶で綺麗道

茶道を通して英語と綺麗を磨きましょう

鯉のぼり

f:id:My-tea:20210517174010j:image

今日の先生の所のお軸

「三級波高魚化龍」

三級波高くして魚龍と化す

さんきゅうなみたこうしてうおりゅうとかす

 

三級とは中国、黄河中流の龍門山にある

三段になっている高い滝の事です。

ここを登りきった鯉が悟りを開いて

龍になる と言われています。

 

鯉のぼりはここから来ています。

「登竜門」という言葉もありますね。

難関、試練を乗り越えてたどり着く先

ですよね。

 

一生懸命努力して乗り越えたら

待っている物 でしょうか。

 

若い頃、これと言って志しも目標も

持っていなかった私は

時間を無駄に過ごして来たんですよ。

歳を取るとわかるんですね。>_<

あーあ と嘆いていても仕方ないです。

 

無駄じゃありません。

目はしょぼしょぼしますが今でも
本を読んだり、勉強できます。

 

龍にはなれないですけど、(^^)

 

せっかくお茶と出会えたので、

出来るだけ進んで行こうと思います。❤️

自分のノート

f:id:My-tea:20210516174155j:image

芍薬です。 豪華 ❤️❤️

 

生徒さんの綺麗に絵入りで書いてある

お稽古ノートを見せて貰いました。

絵が描ける人は羨ましいんですよ。

 

私は絵心全くありません。>_<
自分のお稽古ノートも冊数は多いですが、

後で読み返せないくらい、解読不能

文字が羅列している部分が多いです。(^^)

 

それでも書かないよりはずっといいですね。

役に立ってくれます。

 

覚えられないですよ。

まず点前手順を覚えるのが必死。

右足だ、左足だ、二手(ふたて)だ、

三手(みて)だ、道具の持ち方、扱い方

頭の中グルグルしてしまいます。

 

そうやって数年すると体が覚えて来ます。

 

動作が綺麗になるんですよね。

 

お稽古が終わって、覚えている限り

メモして下さい。

大変役に立ちますよ。

今日のお菓子

f:id:My-tea:20210515214728j:image

写真を撮るのが上手じゃなくて。(^_^;)

今日のお菓子です。

 

昨日お世話になっているお菓子屋さんに

お稽古茶事用のお菓子を注文がてら

久しぶりにご挨拶。

その場で作ってくれたのがこの薔薇の

お菓子。

おしゃれでした。🎶

もう最近は注文しか受けなくて

店頭にはほとんど商品は並んでいません。

 

上生菓子を作って販売してくれる

和菓子屋さんが少なくなりました。

デパートでも、都心の大きな所へ行かないと

買えなくなっています。

だいたい前もっての注文になりますね。

 

それだけ需要も減っているし、

後継者さん達もいないんでしょう。

その上この2年、どこも本当に

大変だと思います。

 

こちらのお店も長男さんに後継者に

なって貰えません。>_<

お元気で出来るだけ長くお店を続けて

欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

侘びについて2

f:id:My-tea:20210415222450j:plain

今日も「侘び」について考えます。

 

大亀老師は、「侘び」は常に流動的で

時代時代の「侘び」があってしかるべき、

と考える と仰っています。

 

利休が「侘び」としたものを現在実現すると

広い庭の一部に山村の風景をつくり

数寄屋普請で茶室をしつらえ、

使う道具は数千万の金額。

果たしてこれが侘びと言えるのか?

とは言え、この種の茶事を離れては

今の流布しているお茶は全く遊戯に

等しいもの  だと...。

 

大亀老師はその上に

しかしそれでも全くないよりはましで

そんな遊びでも、

侘び的なものがなくても

少なくともまだ

和敬清寂の世界が好ましいと。

 

現代は現代の侘び

宗教的な侘び

感謝の念を持つ

 

うーん

現代はお茶で侘びを表現するのは

難しいという事なんですね。

でも利休が示した「侘び」を

習いつつ、

自分なりの「侘び」を模索。

 

答えが出ないです。>_<

 

 

侘び

f:id:My-tea:20210415222450j:plain

今日はどんよりとした雲で雨模様です。

 

なんだか読書日和ですよ。

立花大会亀老師の本を読んでいます。

「侘び」 がテーマです。

その中に「侘び」と言う言葉の源は

ギリシャ語で、それが中国を経て日本に

上陸したんだそうです。

文字や仏教も渡来して、飛鳥朝、奈良朝を

経て、藤原、鎌倉、室町となり、

藤原時代に深く取り上げていて、

古今集の中に わぶる、わび、わびしさ 

ことに深まる秋の頃の風情を表す言葉

として使われている と。

日本の気候風土にも関係している

と思います。

冬に向かう過程、生い茂っていた葉が落ちて

雨の音が聞こえる。

侘しいですよね。

禅の宗教にも関係して行ったんだと思います。 

お茶でよく言われる「侘び」とは...。

 

考えると深みにはまって

行きそうなんですが。

 

侘びを自分なりに理解したいです。

 

またまた中止です

f:id:My-tea:20210110210138j:plain

緊急事態宣言延長で、

今月下旬に予定されていた研究会が

中止になりました。(⌒-⌒; )

 

それに向けてお稽古していたんですが、

次の研究会は7月です。

3,5月と2回中止でした。

仕方ありませんね。

 

企画しては中止、を繰り返して、

担当している人達のご苦労が

よくわかります。

 

習い事は何でもそうだと思いますが、

発表会的なものに向けて、

準備をしている時間に緊張感があり、

一生懸命練習(お稽古)するんですね。

 

お仲間と準備していると、一体感が出て、

とても楽しいものになります。

 

今はそう言った場所を失った状態なので、

皆さん力が入らないでしょうね。

 

それでも、時間は帰って来ません。

いろいろ中止になっても、

自分が出来る事をして行こうと

思っています。

 

背筋伸ばして、綺麗でいましょうね。💛

 

 

 

5月ですよ

f:id:My-tea:20210510194950j:imagef:id:My-tea:20210510194958j:image

まだ5月ですが、暑いですね。 

 

このお軸を見て5月と言う季節を

味わっています。(^^)

薫風自南来 「くんぷうじなんらい」

薫風南より来たる 

福本積應老師の画讃です。

お花は黄色いのが姫甘草、と菖蒲です

 

端午の節句は過ぎてしまいましたが、

5月に爽やかな風が吹いている光景が

浮かびますね。

 

お茶は季節を感じさせてくれます。❤️