お茶で綺麗道

茶道を通して英語と綺麗を磨きましょう

リスニング listening

f:id:My-tea:20210805204556j:plain

今日も酷暑です。

エアコンの効いた部屋で座っているだけでも

じわっと暑いですね。>_<

 

もう一つのblogでも書いていますが、

お茶も英語も近道はありません。(⌒-⌒; )

 

頭に単語をたくさん詰め込んで、

インプット、アウトプットを繰り返し

自分に落とし込みます。

お茶もお点前を体に染み込ませて、

釜の前に座ったら、無意識に手が動くように

なるまで、お稽古、お稽古です。

 

教室に通っているからすぐ出来るようになる

ものじゃないんですね。

 

ただ休まずにいらして欲しいです。

覚えたいなら、基礎を早く身に付けたいなら、

休まない事です。

 

どの習い事も同じですよね。

 

 ふと

これからリスニングもメニューに

入れようかしら❓ と 思いました。^^;

 

生徒さん達、ハードル上げますよ〜。

 

やっと

f:id:My-tea:20210804215307j:image

これなんだかわかります?

 

やっとですよ。

湿し灰作りを始めました。

 

冬には炉と言う畳の下に作った

四角い囲炉裏のようなもの、

炭を入れてお釜を置き

お湯を沸かす場所です。

その炉にも炭手前がありまして、

それに使う湿った灰を真夏に作るんです。

湿った灰を蒔くと炭がよく起こります。

冬は寒いので、炭をよく起こさなければ

行けません。

 

そのために炎天下、こんな事をします。

灰を篩って、広げ、その上に番茶を

撒いて湿らせて、乾いたらまた番茶を巻き、

それを繰り返して、湿った灰を目の荒い

篩にかけて仕上げます。

 

私のはお手本になるような物では

ありませんが、

これでもなんとか湿し灰っぽくなります。

(⌒-⌒; )

 

今日は、危険な暑さでしたね。

こんな日に灰を作ると言う......。(^_^;)

 

大体が土用の丑の日あたりに行います。

チョッと過ぎてしまいましたが、

出来上がりが楽しみです。(^^)

芙蓉の花

f:id:My-tea:20210803225140j:plain

茶席は木槿から芙蓉の花に

変って来ました。

 

木槿によく似ていますが、

花も葉も大きいです。

茶室に入ると、そこに大きな

芙蓉の花が花入れに入れてあると、

”わぁ、なんて立派なんでしょう”

と見惚れてしまいます。

 

真夏の茶室には欠かせません。

 

ただ切ってしまうと

数時間もすると、しな~っと

なってしまいます。

 

大輪なので、しおれていると、

見ている方も、気分がパワーが

出ません。

 

ここが芙蓉のたいへんな

ところです。>_<

 

皆様の先生宅のお花は

なんだったのかしら?

お花の名前がわからなかったら

ぜひお聞き下さいね。(^_-)-☆

山上憶良

f:id:My-tea:20210802223023j:plain

山上憶良奈良時代の貴族で歌人です。

万葉集に和歌がありますね。

子供への愛情の詩を読んでいる

代表的な和歌です。

銀も 金玉毛茂 奈に世武耳 末佐穣流寶

子尓始亀也母

ほぼ漢字の当て字です。(^^)

銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに

勝(まさ)れる宝子に及(し)かめやも

 

子供こそ金銀お宝など及ばない宝だと

詩っています。

 

先日、バスの中に9時間も

取り残されてしまった男の子のニュースを

読みました。

これは.....。

読んだ途端、もう涙が止まりませんでした。

読まなかった事にしたかったくらい

私でさえ、おかしくなりそうでした。

 

遥か遠い昔の人の詩にさえ

子供が宝だとあります。

 

本当に子供は宝です。

皆で大事にして行きたいです。

 

プライベートレッスン

f:id:My-tea:20210722213441j:plain

今日も暑かったですね。

車内はサウナのようにヒートアップ

していました。

油断していたら、大変な事になります。

小まめに水分補給ですね。^_−☆

 

今日はプライベートレッスンのお話です。

 

イギリス人の生徒さんはなんでもハッキリ

言います。

今日のお稽古は良かった、これを覚えた、

など必ず感想も話します。

点前の所作などで注意するとすぐ

「もう一回」と日本語で言い、

やり直しをしますが、

何度も重なるとお稽古時間が長くなって

しまいます。

現状コロナ禍なので生徒さんの人数も

少なく、ひとりひとりを

丁寧に教える事が出来ますね。

生徒さんにとっては逆にいい状態だと

思いますよ。

お稽古は通常、

濃茶と薄茶点前が一度ずつが

基本です。

彼女は、同じ点前を2度

やらなきゃ覚えないし、割り稽古を

もっと多くやりたいと言いました。

とても前向きで一生懸命です。

私は一生懸命の生徒さんが大好きです。

 

でもそれはそうなんですけどねぇ。

生徒さんのニーズに答えていたら、

私の時間と手間は膨大になります。

 

そこで、それならプライベートレッスンに

しましょうと、少し上乗せ料金にしまして

時間をかけて割り稽古をしました。

 

それほど頑張っています。

そう言う生徒さんは本当に嬉しいですね。

人が成長するのを見るのは

楽しいです。

 

皆様も頑張って〜。

 

ホトトギスです❤️

f:id:My-tea:20210731213340j:image

我が家のホトトギス、^_^ 咲きます。

根付いたんですよ。

これからどんどん咲いてくれます。

 

今は木槿が頑張ってくれてますが、

チョッと寂しかったので、とても

嬉しいです。

 

お茶のお稽古も大事ですが、

お菓子やお花の用意も私達には

とても大事な事なんです。

以前にも書きましたが、

お茶友さんに会えば、”なにが咲いてる、”

”植えたら根付いた”、”珍しいお花の話”

などなど (⌒-⌒; )

お花関係の話題が中心です。

貧乏かずらもお花! ですね。(^^)

 

花道のお花も素敵ですが、

茶花は一輪でも立派に茶室の主になります。

その可憐さがなんとも言えないです。

長持ちしなくて茶会が終わる頃には

下を向いてしまうような、自然のお花

ばかりで、お花の命を大事に愛でるのも

お茶です。

 

毎回先生方はお稽古場のお花を準備

します。

必ずお花の名前を聞いてみて下さいね。❤❤❤

 

 

 

お菓子作り

f:id:My-tea:20210730165024j:imagef:id:My-tea:20210730165155j:image

生徒さんのリクエストに答えて。

またグレープフルーツゼリーを

作ってみました。

「夏柑糖」を思い浮かべて。(⌒-⌒; )

 

果物を扱うお菓子はとても難しいです。

これを商品にするには、生産者さんの

努力と、お菓子職人さんの腕が重要に

なりますよ。

作っていてよくわかります。

まずほとんど同じ大きさと形の

果物を生産し、それを納期に

間に合うように栽培し、

その果物を傷つけないように

中身を出し、微妙に味が違う個々の

果物をお砂糖や水で微調整し、

見た目を良くして均等に切り分けて

やっと店頭に並べるんです。

神業

 

お高いはずです。>_<


家での手作りは、形が違って

いようと、味がバラバラであろうと、

見た目が  でも

美味しければ喜んで貰えます。

 

夏には欠かせない涼を感じる

お菓子ですが、

お茶のお菓子がお高いのは

納得出来ますね。