お茶で綺麗道

茶道を通して英語と綺麗を磨きましょう

本音の生徒さん

f:id:My-tea:20210123225117j:plain

 

今日はお稽古でした。

本音のお話しです。

熱心な生徒さんがいると、

こちらも教えがいがあります。

今日は何のお点前をお稽古してもらおうかな?

新しいお点前でも積極的に挑戦してくれます。

ありがたいですよねぇ。

 

熱心な外国人の生徒さんもいます。

彼女には「見て覚える」なんて言うのは

通じません。

疑問を持ったらすぐ質問します。

 

日本の本音と建前などと言う言葉はないので、

すべて本音です。

 

今日の濃茶は美味しくなかった。

餡子はそんなに好きじゃない。

なぜここでお辞儀をする?

道具をどうしてこうやって扱うのか?

などなど、書き出したらきりがありません。>_<

 

「無になる」で書きましたが、

以心伝心、不立文字など、

日本人ならなんとなくでも

理解できるものも、理解してもらえません。

日本文化のお稽古をする人は、

とりあえず、まわりを伺って、

自分を謙る態度を取りますが、

それもないです。

育った環境が違うので当たり前ですよね。

 

そう言った生徒さんには、こちらも本音で

すべてを説明し、納得してもらいます。

 

出されたお菓子がまずかったら、

美味しいです、とお世辞は言いません。(^^)

 

日本人と外国人の大きな違いは

「恥ずかしい」 と言う気持ちです。

外国人は恥ずかしくないんですよ。

失敗しても、笑われても、

誰も賛同してくれなくても。

 

外国人と一緒に何かをすると、

勇気が出て来ると思います。

それはこの「恥ずかしい」と言う概念

じゃないでしょうか。

 

お茶の世界でも、もっと本音で行けると、

将来明るくなると思うんですが...。(^_^;)

 

え? 今が暗いとは言いません。 >_<

 

建前やお世辞やしがらみはつきものですが、

本音で心も綺麗になりましょうね♪♪♪

 

 

川越 清瀬 英会話もできる茶道教室 英茶クラブ